Websites

This page introduces articles about Sayuki which have been featured in websites.

One of Koto Ward’s Hidden Gems.

Tucked away in a back street of Monzen-nakacho, running parallel to Eitai-dori Avenue, sits an unexpected treasure Sayuki no Okiya: the only remaining okiya or Geisha house, in Koto Ward. And not only that, but it is run by Sayuki, the first western woman to become a Geisha. With its wooden structure, tatami flooring, striking original blue-painted walls and warren of small rooms, Sayuki no Okiya reeks of the history of the Geisha world, and as I kicked off my shoes and stepped up into the old entrance hall I felt transported into a world very different from the modern one outside; a place where even the Geisha’s business cards […]

希少品種「ゲイシャ種」のみを使用したドリップバッグ「FUKAGAWA GEISHA」を7月4日発売

2019年7月3日 有限会社ピコフードサービス ~下町深川のコーヒーロースターが東京土産を提案~ 希少品種「ゲイシャ種」のみを使用したドリップバッグ「FUKAGAWA GEISHA」を7月4日発売 ~下町深川のコーヒーロースターが東京土産を提案~ 希少品種「ゲイシャ種」のみを使用したドリップバッグ「FUKAGAWA GEISHA」を7月4日発売 2019年7月 3日                      有限会社ピコフードサービス    コーヒー豆の販売・卸売業をおこなっている有限会社ピコフードサービス(本社:東京都江東区 /代表:田那辺 聡/以下、当社)は、2019年7月4日から、コーヒーの希少品種「※ゲイシャ種」のみを使用したドリップバッグ「FUKAGAWA GEISHA」を自社店舗、オンラインストアにて発売します。 オンラインストア:https://cafe-pico-shop.com/ 近年、訪日旅行者・地方観光者の増加に伴い、(※) 長期滞在や、荷物の多い観光客の方でも手軽に購入できるよう当社で新たなブランド「江戸東京コーヒー」を立ち上げました。今回はその第一弾として「FUKAGAWA GEISHA」を発売いたします。 (※)東京都産業労務局の調査によると、平成30年に東京都を訪れた外国人旅行者数は約1,424万人(対前年比3.4%増)、日本人旅行者数は約5億3,650万人(同2.5%増)。 商品名は、コーヒーの希少品種※“ゲイシャ”と深川芸者をかけた「FUKAGAWA GEISHA」、パッケージデザインは深川芸者と牡丹の花をイメージしたものになっています。江戸情緒をイメージさせる深川の地ならではのデザインと、手ごろな価格との組み合わせで、東京のお土産に最適です。今後、全国の販売店、駅や空港の土産物店への卸売り販売を通じて、本商品を東京の新しい土産として国内外に広めていきたいと考えております。 商品概要 商品名:ドリップバッグ「FUKAGAWA GEISHA」 特徴:華やかな味わいとフローラルな香りが楽しめ、甘さと爽やかさが特徴 価格:750円(税別)/3個セット 1,250円(税別)/5個セット 発売日:2019年7月4日(木) 販売方法 店舗:門前仲町店(東京都江東区牡丹三丁目7番5号)  調布国領店(東京都調布市国領町4丁目33番2号) オンラインストア:(https://cafe-pico-shop.com/) ※ゲイシャ種とは エチオピアが原産の最高級品種(スペシャルティ・コーヒー)のひとつであり、世界で最も高価なコーヒー種の一つといわれている。花や香水の様な豊かな香りが特徴で世界的にも注目されており、流通量が少ない希少品種です。 企業概要 会社名 : 有限会社ピコフードサービス 本社住所 : 〒135-0046 東京都江東区牡丹三丁目7番5号 代表 : 田那辺 聡 事業内容:コーヒー豆の販売・卸売・喫茶店営業、コーヒー関連コンサルティング業 HP : https://cafe-pico.com/ お問合せ先 有限会社ピコフードサービス  担当:田那辺 聡 電話番号 : 03-3641-0303 E-mail : so@cafe-pico.com Source: https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/440930

Performance by the Fukagawa Geisha Sisters (Mar. 25 to 26, 2019)

On March 25 and 26, the Fukagawa Geisha Sisters visited a Japanese restaurant in Muscat and showcased their performance by singing Japanese traditional songs, dancing nihonbuyo (Japanese-style dance), playing shamisen (three-string Japanese lute) and yokobue (flute). Many people including our embassy staff visited the restaurant and enjoyed the performance.

Fukagawa Geisha in triplelights.com

I was born in Australia but grew up partly in Japan, living with a Japanese family and attending Japanese schools. I completed a Ph.D. in social anthropology, and later debuted as the first white geisha in Japanese history in Asakusa in 2007. I currently work in the Fukagawa District of Tokyo which has recently revived. We have four geisha in my geisha house. I have now over 10 years of experience in being a geisha and I specialize in playing the Japanese flute. I look forward to to have you learn more about the geisha world, just as much as I look forward to to learn something about yourself! Link: […]

辰巳巷談

“よしねえ、見ともない、嫌われて殺すなんて、そんな間抜けなものが江戸にあるかい” 第1回目は「辰巳巷談」です。辰巳は東京の江東区、巷談(こうだん)とは、うわさ話のことだそうです。深川あたりの芸者さんを辰巳芸者と呼ぶらしいですね。鏡花の小説は、タイトルからして読み方が難しいものが多いですね。私はよく読み方がわからなくて困ります。あらすじは、鼎をめぐるお君と沖津の葛藤に焦点が当てられています。要するに、恋人である人と母である人が一人の男を巡って思い悩み、最後には共に果てるというあらすじ。こう書くと元も子もないですが、最後の展開の速さと、極端な決着のつけ方はいかにも鏡花らしいですね。どこか「日本橋」を彷彿とさせるところがあります。 画像は絵本辰巳巷談です。装丁は小村雪岱をはじめとする6人の画家の手によるものだそうです。昔の本は趣があってステキですね。現在は大量生産で、1冊の本にあまり手を込めないようです。以前古本屋のおやじさんが、三島由紀夫の全集なんかは、絹を使った装丁になっていて雰囲気があると言っていました。確かに持ったときの手触りが違うんですよ。 さて、この物語では鏡花の得意なモチーフがいくつも登場します。どこか儚げな美青年、不幸な境遇で元おいらんの少女、未亡人の母、荒々しい性格と容姿の仇敵、水、橋の上、夜などなど。鏡花の独壇場ですね。素材もあらすじもほとんど同じなのに、どうしてこう様々なストーリーを書き分けられるのか。それだけ鏡花がこれらのモチーフに囚われていたということでもありましょうが。鏡花ってどこまで行っても円環なんですね。たとえ文章が円熟しても本質的には変わらない。それこそ澁澤龍彦が「ランプの廻転」で論じていたように、何百という小説や戯曲を書いても、それはぐるぐる表面を廻ってるだけで、中心にいる鏡花はいつも同じ。母親を亡くした時の子どものままの姿でそこにいるのだと思います。 http://keyaki.jimbou.net/catalog/product_info.php/cPath/1199_1218/products_id/122667古書の取り扱いもあるようですね。欲しい…でも、高い! (辰巳巷談、明治三十一年二月、全集四) Source: http://blog.livedoor.jp/xxxsoliste/archives/29004028.html

ホ-ムペ-ジ

[2020年2月26日更新] 2020年1月16日から19日に開催された文化人類学コース主催の国際ワークショップ” Visible (and Invisible) Boundaries of Distinction and Exclusion: Understanding Subalternity in contemporary South Asia.” の報告書(PDF)を掲載いたしました。 [2019年12月22日更新] 文化人類学コースご所属の西村正雄教授が今年度をもって早稲田大学を定年退職されます。ご退職に際する最終講義は1月31日(金)に行われます。一般にも開かれたイベントですので、ぜひご参加ください。 最終講義タイトル:「私のフィールド履歴:伝統文化の保全と変動-フィリピンから東京下町まで」 日時:1月31日(金)14:00~16:30 会場:早稲田大学戸山キャンパス36号館382(AV2)教室 [2019年12月19日更新] 2020年1月16日から19日に開催する文化人類学コース主催の国際ワークショップ” Visible (and Invisible) Boundaries of Distinction and Exclusion: Understanding Subalternity in contemporary South Asia.”の登壇者に変更がありました。詳細はプログラム(PDF)をご確認ください。 [2019年11月15日更新] 2020年1月16日から19日の4日間、文化人類学コース主催の国際ワークショップ” Visible (and Invisible) Boundaries of Distinction and Exclusion: Understanding Subalternity in contemporary South Asia.”を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。 [2019年7月8日更新] 2019年7月5日、深川で芸者として活躍されている紗幸ことフィオナ・グラハム氏の講演会が開催されました。ご来場いただき誠にありがとうございました。 [2019年6月19日更新] 文化人類学コースでは、深川で芸者として活躍されている紗幸ことフィオナ・グラハム氏をお招きし、講演会を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。 フィオナ・グラハム氏講演会 講演タイトル:「芸者の世界:内側と外側から見て」 日時:2019年7月5日(金)16:30~18:00 会場:早稲田大学戸山キャンパス 36号館6階682教室 共催:早稲田大学文化構想学部複合文化論系 協賛:早稲田文化人類学会 [2019年6月19日更新] 文化人類学コースが共催する、小馬徹氏の一般講演を含む早稲田文化人類学会の第22回研究集会が下記の通り開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。 第22回研究集会 日時:2019年7月13日(土)10:30~17:30(※10:00開場) 会場:早稲田大学戸山キャンパス 36号館681教室/581教室 一般講演:小馬徹氏(神奈川大学 名誉教授) 「女性婚(東部アフリカ)と同性婚(LGBT)――人類学的知の定位のために」 [2019年4月1日更新] 2019年度設置科目および教員紹介を更新しました! ************************************ 2018年度以前のニュースはコチラ

WEEKLY OCHIAI シーズン3

Video: https://newspicks.com/movie-series/25?movieId=406 今回の放送では新たなモチーフを追い求めてスタジオを飛び出します。彼が向かったのは深川の船着場。屋形船に乗りこんだ落合陽一を待っていたのは深川芸者。

Wer will hier unbesiegbar werden?

Sumoringer, Geisha, Bonsai-Gärtner: Aller Tradition zum Trotz möchten immer weniger junge Japaner diese Berufe lernen. Deshalb dürfen jetzt Ausländer ran – doch einfach ist das für sie nicht. Ein Besuch in Tokio. Von Win Schumacher Der Boden bebt, wenn Batjargal Munkh-Orgil den Fuß in den Sand setzt. Er sieht seinem Gegner für eine Sekunde lang fest in die Augen, dann stürzen sich die beiden Sumo-Ringer aufeinander. Mit aller Wucht versucht sein Herausforderer, sich gegen den Mongolen zu stemmen, doch der 170-Kilo-Mann schleudert den Japaner einfach zu Boden. “In der Mongolei haben viele Jungen diesen Traum, solche Kraft zu besitzen, dass sie unbesiegbar sind”, erzählt Batjargal nach seinem Morgentraining im Ring der […]